海外での再生可能エネルギー電力調達はECOLOGICAへ

CO2を含む温室効果ガス排出量増加の背景から、温暖化防止として気候変動対策が急務とされている時代において、企業も脱炭素経営への取り組み強化が求められるようになってきました。

多くの企業が重点的に取り組んでいるのが、Scope2です。Scope2のCO2削減を取り組もうとする中で、国内はもとより、海外拠点に対しても再生可能エネルギーを導入していこうとする企業が急速に増えています。

海外拠点の場合、生産工場が多く電力使用量も大きいことや、電気代も年々値上がりしていることから、CO2+電気代のW削減が課題とされています。

いくつかある再生可能エネルギー手段の内、太陽光発電は比較的導入しやすく、また自家消費型であれば、CO2+電気代のW削減の課題解決に加え、非常用電源(BCP対策)として、災害時の電力確保にも貢献できます。

また海外拠点における再生可能エネルギー調達手段として、調達コスト不要のオンサイトPPA(第3者所有型 / 太陽光発電設備)の導入や、I-REC(再生可能エネルギー電力証書)を利用して、再生可能エネルギー電力100%を達成する企業が増えてきています。

海外での再生可能エネルギー電力調達に関する具体的な内容については、株式会社ECOLOGICAへ、お問合せ下さい。