気候変動がコーヒーの品質に影響を与える?

bannar

コーヒーの品質は気候変動に伴う環境要因の変化に影響を受けやすいことが、新しい研究レビューで明らかになりました。

目次

「質の悪いコーヒー」は経済的にも悪影響?

タフツ大学フリードマン栄養科学・政策学部とモンタナ州立大学の研究者が中心となって行った今回のレビューでは、気候変動の影響に対抗するための現在の計画の中に、大きな効果を期待できるものがあることも分かっています。

経済学者でバーグストローム財団教授のショーン・キャッシュ氏は、質の悪いコーヒーは、生活面のみならず経済的にも影響があると言い以下のように述べています。
「コーヒーの生産に影響を与える要因は買い手の関心とコーヒーの価格であり、これらは最終的にはコーヒーを生産する農家の生活に大きな影響を与えます。」

さらにキャッシュ氏は、気候変動による農作物への影響が、すでに世界各地で経済的・政治的な混乱を引き起こしていると付け加えます。
「この変化を科学的に理解することができれば、農家やその他の関係者が、この問題や将来の課題に直面したときに、コーヒー生産をよりよく管理できるようになるかもしれません」とのことです。

今回の分析では、高地の農園ほどコーヒーの風味や香りが良いこと、光を浴びすぎるとコーヒーの品質が低下することなど、一貫した傾向が見られました。

コーヒーを気候変動から守るために

現在、気候変動の影響を緩和するために行われている取り組みとしては、光照射をコントロールするための日陰の管理、気候変動に強い野生のコーヒー植物の選定と維持、害虫の管理などがあります。将来性と実現性が期待されていますが、すべての標高で豆の生育をサポートするための革新的な技術を開発する必要があるでしょう。

モンタナ州立大学Food and Health 研究室の民族植物学者であるセレナ・アフメド氏は、「これらの戦略は、気候変動の影響下でもコーヒーの品質を維持または向上させることができるという希望を与えてくれるものであり、最終的には、農家が自分の農場を支援するために証拠に基づいた介入方法を設計する方法を検討するのに役立ちます。」と述べています。

コーヒーは、世界50カ国以上で1,250万戸の小規模農家、2,700万エーカー以上で栽培されています。多くのコーヒー生産地では、気候条件の変化が深刻化しており、コーヒーの味や香り、さらには食生活への影響といった品質が、収穫量や持続可能性と同様に懸念されています。

参考記事
>>Climate change effects coffee quality, new study shows – Global Coffee Report (gcrmag.com)

まとめてダウンロード

CO2排出量可視化サービスの資料がまとめてダウンロードいただけます

この記事をSNSでシェア
目次
閉じる