自宅のエネルギー効率を見直すことの必要性

bannar

イギリスの中古住宅所有者の5人に4人は、自宅のエネルギー効率を改善する必要があることを認識していますが、そのうちの約6割は、何から始めるべきかわかっていないことが新しい調査で明らかになりました。

目次

古い住宅のエネルギー効率

イギリスの専門金融機関Togetherが実施した調査によると、1900年以前に建てられた物件の所有者の約8割が、自宅のCO2排出量を削減するために、エネルギー効率を見直す必要があることを認識していました。しかし、このグループのうち57%の人たちは、エネルギー効率を高めるためにどのような改良が必要なのかわかっていません。

この調査は、2050年のネットゼロ目標達成に向けた取り組みの一環として、政府がガスボイラーを廃止する計画を発表したことを受け、実施されたものです。

既にイギリス政府は、2025年に新築住宅でのガスボイラーの使用を禁止し、2035年からはガスボイラーを購入できなくすることを決定しています。

ガスボイラーに代わるもの

ガスボイラーに代わる選択肢として、ヒートポンプ(空気熱源と地中熱源)が挙げられます。また、ヒートポンプの設置が不可能な物件では、バイオマスボイラーが検討できます。

空気熱源ヒートポンプは、暖房と給湯の両方に効率的な冷暖房を提供することができます。設置には8,000ポンドから18,000ポンドかかるため、初期費用は高額ですが、メンテナンスなどのコストは低いため、結果的には年間のエネルギー料金の削減が可能となります。

地中熱ヒートポンプは、新築住宅に適しています。温度が安定している地面から熱を供給するため、寒い時期でも効率が低下することはありません。

バイオマスボイラーは、ガスボイラーよりも安価に購入できます。また、環境負荷や燃料費においては、ガスボイラーよりもはるかに優れていることがわかっています。バイオマスボイラーは、ヒートポンプが適さないような物件に最適な選択肢となります。

古い住宅に住んでいる人たちは、自分にできるカーボンニュートラルな改良について、さらに理解を深める必要があるでしょう。

参考記事:https://www.greenmatch.co.uk/blog/gas-boiler-ban
https://www.dailymail.co.uk/property/article-10371915/Homeowners-period-properties-spend-cash-energy-improvements.html

まとめてダウンロード

CO2排出量可視化サービスの資料がまとめてダウンロードいただけます

この記事をSNSでシェア
目次
閉じる