I-REC(海外再エネ電力証書)とは?REC(グリーン電力証書)の違いとメリットを紹介

bannar

I-REC(海外再エネ電力証書)とは、海外における再エネ電力証書の1つです。日本ではREC(グリーン電力証書)に加えて「I-REC」の必要性も唱えられるようになり、一般社団法人ローカルグッド創成支援機構は「I-REC」の国内初実証を行いました。本記事では、そうした背景を踏まえて、I-REC(海外再エネ証書)と、REC(グリーン電力証書)の違いやメリットについて解説していきます。

目次

I-REC(海外の再エネ電力証書)とは?

「I-REC(海外の再エネ電力証書)」とはInternational Renewable Energy Certificateの頭文字を取った言葉であり、海外における再エネ電力証書の1つです。代表的な再エネ電力証書はI-REC、REC、GOの3つあり、I-RECは、RECとGOの対象国以外を対象としています。

I-RECは各国のグリーン電力証書を国際的に認定するシステムであり、第三者の立場から認証しているため、信憑性が高いことで注目を浴びています。

経済産業省が提出している『平成30年度 国内における温室効果ガス排出削減・吸収量認証制度の実施委託費(国内における環境価値取引市場の動向調査) 報告書』では、I-RECは次のように定義されています。

非営利組織である The I-REC Standard が提供する「ルールブック群及びそれに基づく電子的なトラッキングシステム」により認証・発行される再エネ電力証書

平成30年度 国内における温室効果ガス排出削減・吸収量認証制度の実施 委託費(国内における環境価値取引市場の動向調査) 報告書 (meti.go.jp)

本章でREC、GOとの違いを説明しますが、以下の画像が大まかな違いを示しています。

世界各国で利用できる自然エネルギーの証書
画像引用:企業・自治体向け 電力調達ガイドブック 第4版(2021年版) (renewable-ei.org)

I-RECの公式ホームページはこちらです。

>>I-REC authorizes issuance in Japan (irecstandard.org)

REC(グリーン電力証書)とは?

「REC(グリーン電力証書)」とはRenewable Energy Certificateの頭文字を取った言葉であり、再生可能エネルギーの導入を義務付けるRPS(Renewable Portfolio Standard)制度の導入を目的とした、トラッキング(追跡)システムの下で発行される証書です。上の表にもある通り、米国、カナダなどの北米を対象としています。

GO(発電現証明)とは?

「GO(発電現証明)」とは、Guarantee of Originの頭文字を取った、EUを対象としている証書です。消費者に対して電力に関する情報を開示するよう、加盟国に求めています。

I-REC(海外の再エネ電力証書)の目的と要件

本章では、I-REC(海外の再エネ電力証書)の目的と要件について解説していきます。

I-REC(海外の再エネ電力証書)の目的

日本におけるI-RECの1番大きな目的は、再生可能エネルギー(以下再エネ)の利用の拡大です。近年、環境経営に向けての取り組みが国内の各企業で始まり、それにともないRE100やESG投資が注目を浴びています。

そのひとつの取り組みとして、日本では再エネから生まれた電力の環境価値の部分を可視化した「非化石証書」のトラッキングシステムの実証が進められています。このことから、I-RECではトラッキングの実施をしていない非FIT再エネの自家消費や相対契約を対象としています。

参考:地域新電力プラットフォームが国際的な再エネトラッキングの実証 一社ローカルグッド創成機構が着手 (energy-shift.com)

I-REC(海外の再エネ電力証書)の要件

I-RECは対象としている国がほかの2つ(REC/GO)と比べると多いのですが、その内容は国によって異なります。日本の場合は、

  • FIT非化石価値証書・グリーン電力証書・J-クレジットが発行されていない発電分であること
  • 非FIT非化石価値証書の対象となっている発電分がであること

の2つが条件です。

参考:I-REC authorizes issuance in Japan (irecstandard.org)

I-REC(海外の再エネ電力証書)のメリット

本章では、I-REC(海外の再エネ証書)の3つのメリットをご紹介します。

I-RECのメリット

国際的な認知度と信頼度が高い

I-RECは日本だけでなく、20カ国以上もの国を対象としているため、国際的にも認知度が高いです。さらに環境意識の高い外資系企業からの信頼も厚く、企業にとってのスタンダードとなりつつあります。

非FIT再エネ発電の取引を促進

前章でも触れた通り、I-RECはトラッキングがされていない非FIT再生可能エネルギー(非FIT再エネ)の自家消費や相対契約を対象としています。新しい非FIT再エネの多くは相対契約や自家消費がされるとし、これをI-RECを利用して可視化します。それをもとに需要家に購入を促し、再エネの価値を向上させることが見込めます。

参考:ローカルグッド、再エネ証書I-RECの国内発行主体に (s-housing.jp)

REC(グリーン電力証書)と同じメリットを享受できる

I-REC(海外の再エネ電力証書)はREC(グリーン電力証書)と同じメリットを享受することが可能です。REC(グリーン電力証書)の具体的な例としては、

  • 地球環境に貢献することが可能
  • 社会貢献・CSRの一環として企業のイメージ向上につながる
  • CDP/SBT/RE100などの報告書に記載することが可能

の3点が挙げられます。

I-RECとRECの導入検討を

地球温暖化が進むとともに、個々人や企業の環境への取り組みもマストになりつつあります。I-RECやRECはCDPやRE100と同様に、国内だけでなく、海外でも認知度が高い取り組みです。こういった取り組みに参加することで、環境への貢献になるだけでなく、取引相手の企業や消費者へのイメージアップも図ることができます。地球温暖化に責任を持ち、各個人や各企業が環境活動に一歩一歩取り組んでいきましょう。

本サイトを運営している(株)ECOLOGICA(エコロジカ)は、海外に拠点を持つ企業様を主に対象として、I-RECの調達・販売をおこなっております。

興味がありましたら、以下のページからお問い合わせください。

>>お問い合わせ

この記事をSNSでシェア
目次
閉じる