GHGプロトコルとは?Scope1,Scope2,Scope3、サプライチェーン排出量や他のイニシアチブとの関係を解説

GHGプロトコルとはThe Greenhouse GasProtocol Initiativeの略で、世界中の企業、NGO、政府機関等が参加して温室効果ガス/気候変動に関する国際スタンダードや関連ツールを開発する国際的なイニシアチブです。米国ワシントンDC に本部のあるWorld Resources Institute(WRI)とスイスのジュネーブに本部のあるWorld Business Council forSustainable Development(WBCSD)が中心となって設立されました。国際的な温室効果ガスの排出量の算定と報告の基準を開発し、利用の促進をすることが目的です。

GHGプロトコルが公開しているツールの中で有名なものとして、Corporate Accounting and Reporting Standards (Corporate Standard):主に企業自身からのGHG排出量を対象とする算定・報告基準やCorporate Value Chain (Scope 3) Accounting and Reporting Standard(以下、Scope3基準):上流から下流までバリューチェーン全体のGHG排出量を対象とする算定・報告基準が挙げられます。

他にもオフセット・クレジット創出等のプロジェクト向け「プロジェクト・プロトコル」(Project Accounting Protocol and Guidelines)や 世界中の算定ツールや係数、原単位などの情報を集約した「Calculation Tools」も公開しています。GHGプロトコルが公開したツールは他の国際的なイニシアチブなどにも採用され世界共通の物差しとなっています。

目次

GHGプロトコルの仕組み

GHGプロトコルが公開している温室効果ガスの算定・排出基準とはいったいどのようなものでしょうか。ここからはその仕組みについてご紹介します。

サプライチェーン排出量

GHGプロトコルでは一つの企業で排出された温室効果ガスの排出量(直接排出)だけではなくサプライチェーンでの排出量(間接排出)も重視しています。

サプライチェーンとは原材料や部品の調達・製造といった上流の過程から、販売や廃棄などの下流の過程を含めた供給の連鎖を指します。

Scopeとは 

Scopeについての説明

GHGプロトコルはScopeという考え方を採用しています。

サプライチェーン排出量=Scope1+Scope2+Scope3が成りたちます。

  • 「Scope 1」 自社が所有する設備や支配する事業活動からの直接なCO2排出を指します。例えば、自社工場設備で重油を燃焼させたり、作業車両を走らせることによるCO2排出が該当します。
  • 「Scope2」 自社が所有する設備や支配する事業活動での、エネルギー使用にともなう間接的なCO2排出を指します。例えば、工場・事務所での電力エネルギーの使用や、熱や冷却、蒸気など外部から供給を受けるエネルギーがScope2に該当します。
  • 「Scope3」 自社が直接所有したり支配する対象の範囲外で、サプライヤー等の事業者や製品ユーザー、廃棄物事業者など自社の事業活動に関連する間接的なCO2排出を指します。例えば、原材料の抽出や調達、輸送・物流、流通・販売、製品の使用、廃棄・リサイクルなどの他、出張や通勤、資本設備やフランチャイズチェーンなどが該当します。事業活動の上流や下流等で発生する多くのCO2排出に対して、自社の間接的なCO2排出量として算定することが求められています。

GHGプロトコルScope3算定報告基準(Corporate Value Chain (Scope3) Accounting and Reporting Standard)のガイドラインとして、環境省が「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン」を作成しています。もっと詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

環境省・経済産業省 

【サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン】

http://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/files/tools/GuideLine_ver2.3.pdf

GHGプロトコルのメリット

GHGプロトコルを採用することによって企業にどのようなメリットがあるでしょうか。ここからはGHGプロトコルのメリットについてご紹介します。

エコロジーなメリット:温室効果ガスの削減

GHGプロトコルの温室効果ガス算定・報告基準を採用することでサプライチェーンまで排出量を把握することができます。したがって、排出量の多い部分や削減ポテンシャルの大きい部分を全工程にわたって明確に把握し、優先的に削減すべき対象を特定することができます。

ビジネス的なメリット:リスク管理&情報開示

GHGプロトコルを採用することによって、温室効果ガス排出量を正確に把握することができ、自社のみならずサプライチェーンまでのビジネスリスクを把握することができます。

また、GHGプロトコルを採用したESG情報を企業の情報開示の1つとすることでESG投資を行う投資家へのアピールや社会的信頼を向上させることができます。

ESG投資について詳しく知りたい方は、こちらのリンクを参照してください。

>>ESG投資とは?企業目線で見る注目の背景と投資を受ける種類・取り組み (netzeronow.jp)

他のイニシアチブとの関係性

GHGプロトコルは地球環境にまつわる企業・組織の行動を求める数多くの国際的なイニシアチブが採用しています。ここからは代表的な国際的イニシアチブのうちのいくつかをご紹介します。

他の国際イニシアチブとの比較

RE100

RE100とは2050年までに事業運営を100%再生可能エネルギーで賄うことを目的とした国際的なイニシアチブです。様々な国の300を超える企業が参加しており、そのうち50社が日本企業です。(2021年6月時点)

RE100 の温室効果ガス排出量の査定・報告はGHGプロトコルに基づいています。

RE100 について詳しくは、こちらのリンクをご覧下さい。

>>RE100とは?メリットや参加条件、日本企業の取り組みを紹介 (netzeronow.jp)

SBT

SBTとは2015年に、COP(締約国会議)、WWF(世界自然保護基金)、UNGC(国連グローバルコンパクト)、WRI(世界資源研究所)の4つの団体が共同で設立した国際的なイニシアチブです。パリ協定で採択された「世界平均気温を産業革命以前と比べ2℃より低く抑え、1.5℃に保つ努力をする」を目標に企業に温室効果ガス削減を求めています。

SBTの温室効果ガス算定もGHGプロトコルに則っています。

SBTについて詳しくは下記のリンクをご覧ください。

>>SBTってなんのこと?概要やメリット・デメリット、加盟の仕方を解説 (netzeronow.jp)

CDP

CDPとは「旧名:Carbon Disclosure Project」の略で企業に温室効果ガス排出量・削減目標の開示・環境変動に対する企業の取り組みの情報開示を促す国際的なイニシアチブです。

温室効果ガス排出量に関しての報告を、GHGプロトコルに従って行います。

CDPについての詳しい説明は、こちらのリンクを参照してください。

>>CDPとは?質問書の内容からAリスト企業まで徹底解説! (netzeronow.jp)

Climate Neutral Now(CNN)

Climate Neutral Nowとは国連のUNFCCCによって設立された気候変動対策強化のための国際的なイニシアチブです。2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目標としています。

Climate Neutral Nowの温室効果ガス算定・削減もGHGプロトコルに則っておこないます。

まとめ|GHGプロトコルで企業価値UP

GHGプロトコルは世界で最も幅広く使用されている国際基準の温室効果ガス算定・報告の基準です。気候変動に対する国際的なイニシアチブのほとんどにGHGプロトコルの基準が使われています。日本では現在、GHGプロトコルの報告基準と日本国内の温対法の報告基準に違いがあり、国内ルールを使用すると国際的なイニシアチブへ参加ができない場合があります。国際的信用を得るためにも重要性やメリットを認識して、温室効果ガス算定・報告の際には導入してみてはいかがでしょうか。

この記事をSNSでシェア
目次
閉じる